レインツリーの国  著  有川 浩

レインツリーの国  著  有川 浩

大学を卒業し、関西から上京して入社3年目の
向坂伸行。ノートパソコンで昔読んだ「フェアリーゲーム」という
本のラストを皆がどう解釈しているかを検索してみた。
その中で、自分と同じ感性をもつ
「レインツリーの国」というブログをもつ「ひとみ」という
女の子と知り合う。
お互いメール交換をし、次第に
意気投合。やがて、実際に会ってみようということになったのだが・・


感想   この本は同じ作者の「図書館内乱」と内容が一部リンク。
この「図書館内乱」にはこの『レインツリーの国』が
意味を持って登場してくるそうです。(私は未読)
コラボレーション企画ということみたいですね。
関連のある本は未読でしたが、この本、オンリーでも
楽しめる作品となっておりました。
恋愛物です。


2人の出会いがネット上という設定は
実に今時ですよね。
そういえば、映画の方でも、パソコン通信で知り合った
というものがありましたね。(森田監督のハル・・)

ブログは、今や大盛況ですし、
こういう接点の持ち方って、どこにでも転がっているかも
しれませんよね。
ただし、あくまでもネット上での関係ですから
そこがすべて、真実とは限りません。
私などは、変に慎重になってしまうたちなので、
素直に受け取れない部分があるのですが、
この物語の2人は別。
成功例といっていいでしょう。だからといって、
世の中全てがこういった出会いをできるかとは言いがたいのでそこは現実と小説と言うのをうまく切り離した方が
いいかな・・・と思っております。
素直に素敵な恋物語ね・・・と
思う作品でした。もちろん、甘いだけのストーリーではありません。


自分と同じ本を読んだ人と
交流をもてるということはネット
をしている人なら、誰でも憧れることとだと思います。
コメントをもらえば、当然うれしいですし・・。
だから、主人公の彼が、躊躇いながらも出したメールに
返事がきたというときは、私自身もとってもうれしかったですよ。
相手も感じのいい子で、
うまく関係がいくといいわね・・と願わずにはいられませんでした。
現実ではどうかな・・と思うところがあっても
小説内ではいい方向に行って欲しいというのは
当然ですよね。

メールでの言葉は
どんな自分でもさらけ出してしまうと思います。
本来の自分もそうだけれど、
逆にいえば、いつわりの自分を出すことだって
できるはず。
隠していることは当然あると思います。
だからこそ、目と目を見つめあいながら
会話をすることも重要なことだと思うのです。
メールだけでは
わからない相手の姿を
知るためにも・・。

相手を好きならば、
その相手の抱える問題を
すべて受け入れる努力をしなけらばならないと
思います。

といっても、受け入れることに戸惑いを感じる度合いは
人ぞれぞれではないでしょうか。
すんなり受け入れることができる人もいるだろうし、
悩む人だって当然いますよね。

そういうこと考えると
この主人公はよく出来た人だと思いますね。
なにも問題がないとでもいうように・・・
なにかうまく行く方法を見つけ出そうとする・・。

でも逆に相手の女の子は
この”気にしなくてもいいよ”という妙に親切に聞こえる
言葉が、気に触るのですよね。
本当に自分の状況を理解した上でのことなのかって・・


そうやって、2人が率直に
自分の心をぶつけ合う姿が
とても気持ちよかったです。
うまくいかなくなるたびに、懸命に立て直そうとする
姿に好感もてました。

これは、恋愛関係にある誰でもが
見習いたいことかもしれませんよね。最近は簡単に諦めちゃう人も
いますしね。
些細なことで、
行き違ったりしてはもったいないのです。
貴重な出会いなのだから、
努力して、いい方向に持っていかなくては・・。


ネットを越えて
真実の恋にたどり着くまでの道が
歯がゆかったりもしたけれど、
いい形になっていく結末なので
読み終わったあとは温かい気分になりますね。

主人公伸行は関西弁をしゃべり
メールも関西弁です。
私は関東人なので、馴染みは少なかったのですが、
こういう風に、気軽にその土地の言葉を使う人をみると、
自分の育ってきた場所を大切にするという姿勢を感じるので
素敵なことだよね・・・と感じますね。


301871.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読んだよ~!

みみこさん、こんにちはー!
これ、かな~り面白く読んだわ!
そうっか、難聴だったのね・・・。全然知らないで読んだから、デートの時のひとみの行動には、え??って伸さん同様驚いたりしたんだ・・・
でも、隠して普通の女の子として1回デートしてみたかった・・っていうひとみの気持ちもわかるなぁ~って思ったよ・・

なんといっても2人が近しくなっていくきっかけが、10年前に感銘受けた本で、それをネットで・・ってのは、素敵だな~って思っちゃったわ。ハルもネットの前のパソコン通信だったよね?あれは、どんな事がきっかけだったっけ???やだー!どうしよう、もう全然覚えてない!!軽く教えて~。

難聴ものってドラマなんかで幾つか見て来たりしていたのに、この本を読んで、まだまだ全然解ってなかったよ・・って思い知らされた部分が一杯あったわ・・・
色々お勉強にもなったし、恋愛ものとしても楽しめたし、凄く読んで良かったな、って思った本でした~。

PS オレンジデイズとか、あと・・なんだっけ?トヨエツと常盤貴子のドラマとか、面白く見てたなぁ~。

latifaさんへ


こんにちは。
わ~~読むの早いね。
早速の感想ありがとうございます★

彼女・・そうなんだよね・・
ああいう秘密があって。
やっぱり、人と接する時、色々と気にしちゃいますよね。

<隠して普通の女の子として1回デートしてみたかった・・っていうひとみの気持ちもわかるなぁ~って思ったよ・・>

そうよね・・・。

<10年前に感銘受けた本で、それをネットで・・ってのは、素敵だな~って思っちゃったわ。ハルもネットの前のパソコン通信だったよね?あれは、どんな事がきっかけだったっけ???やだー!どうしよう、もう全然覚えてない!!軽く教えて~。>

私も知り合ったきっかけが本というのに
興味覚えたわ。
共通の話題、それも昔、昔のものについて・・・・・というのは
どこか運命的なものを感じますよね・・。
あ~~、ハルは、きちんと観たことないのですよ。
ごめなさい。ただ、パソコン通信で仲良くなるって言う
大雑把な内容しか知らないの。さも見ているような↑書きかたで
すみません。内野さんだから押さえておかなくては
いけない一本なんだけどね。



<難聴ものってドラマなんかで幾つか見て来たりしていたのに、この本を読んで、まだまだ全然解ってなかったよ・・って思い知らされた部分が一杯あったわ・・・>

私も~~~。


< オレンジデイズとか、あと・・なんだっけ?トヨエツと常盤貴子のドラマとか、面白く見てたなぁ>

うんうん。
私オレンジデイズは未見なの。でもトヨエツの方は見たわ。
ドリカムの歌もよかったし。
そういえば、星の金貨も、難聴だったよね。
今こういう事件になって、
驚いているよ・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お初です( ´ ω ` )

始めまして

レインツリーの国を読んで、俺も検索してみようかね、と思って検索したら、ここにたどり着きました←

私にとってレインツリーの国は、思い出の本です。
進学で上京する時、彼女からプレゼントされたのです。
その時、彼女には「ちょっと私たちに似てる」と言われました。
相手にハンデこそないものの、伸の考え方、感情、言葉の選び方、その他諸々が似ていて、すんなりと感情移入して読む事ができました。
そして何より、私と彼女もネットで知り合った事が決め手ですね。
もっとも、フられてしまいましたが…

恐らく、彼女の方もひとみに似てたんだと思います。
そう思うと、俺が彼女に対して、何をしてあげれて、何をしてあげれてなかったのかという事が整理できた気がします。
これを位置づけるとしたら、さしずめ、教科書の解説欄ってところやないかと思いますね(笑)

なんか、全然本編には触れてないですね(笑)
独りよがりなコメントですみません…( ´ ・ω・ ` )

MDKY さんへ


はじめまして
コメントありがとうございます。


素敵なお話ありがとうございます。
読んだ人それぞれに当てはまる部分があろうかと思います。
読書の楽しみって、
自分の人生に置き換えて
考えることができることだと思います。
とくに、恋愛小説は
感情移入できると、その本自体がより思い入れあるものになりますものね。

素敵な思い出も痛い思い出も
共有できた人がいるってことが大事だと思いますし・・・、

感想お聞きできて
良かったです。
大切な思い出と・・・してくださいね。


プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク