fc2ブログ

ぼくを葬る(おく)

ぼくを葬る    (2005  フランス)
LE TEMPS QUI RESTE
TIME TO LEAVE

監督: フランソワ・オゾン
製作: オリヴィエ・デルボスク
マルク・ミソニエ
脚本: フランソワ・オゾン
撮影: ジャンヌ・ラポワリー
プロダクションデザイン: カーチャ・ヴィシュコフ
衣装デザイン: パスカリーヌ・シャヴァンヌ
編集: モニカ・コールマン
 
出演: メルヴィル・プポー ( ロマン)
ジャンヌ・モロー (ローラ)
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ ( ジャニィ )
ダニエル・デュヴァル (父 )
マリー・リヴィエール ( 母 )
クリスチャン・センゲワルト (サシャ)
ルイーズ=アン・ヒッポー ( ソフィー )
アンリ・ドゥ・ロルム (医師)
ウォルター・パガノ (ブルーノ)
ウゴ・スーザン・トラベルシ ロマン(少年時代)

パリで活躍するフォトグラファー、ロマンは、
ある日撮影中に倒れる。
診断の結果は末期のガン。
余命は3ヶ月と告げられた彼だが、放射線治療は断り
運命を受け入れようとする。
家族にも恋人の青年サシャにも真実は打ちあけない。
そんな中、唯一心を許す祖母にだけは自分の苦しみを
素直に打ち明ける。
そして・・ロマンはある行動を起こす・・




感想   オゾン監督の
“死”をめぐる3部作の第2作目だそうです。1作目は
「まぼろし」ですね。ちなみに未見(でも内容はなんとなく・・知っている)
3作も続けて、死をテーマニした作品を作り上げようとしているのですね。監督としても、色々思うところがおありなのでしょう・・。

こういった、死をテーマにした作品は
どうしても自分自身の立場に置き換えて考えてみたく
なりますね。ましてや、今回は自分自身の死。
絶対に避けてとおることのできない出来事です。
監督が、自分ならば、こういったものの考え方をするという
ことを表わしている作品なのかしら。
主人公もゲイですし・・・。


ただ、鑑賞している自分は監督とは同じ人間ではないので
共感できる部分もあるけれど、どうしてそうなるのか・・と
思える部分が当然あり・・という感想です。
他を寄せ付けず、自分ひとりがその死を静かに受け入れるという
姿勢。もちろん、そこに行き着くまでの葛藤はあったにしろ、
そこをあまり強調しない演出なので、病気といえども
あまり生々しさが感じられません。

生まれるのも一人、死ぬのも一人。
そうわかっていても、やっぱり、その苦しみを
分かちあえる誰かを素直に頼っても良かったのではないかと
思ってしまいます。相手を思いやる気持ちも
大切だけれど、背負う荷物は、少しでも軽くなっ方が
いいのに・・・と思ってしまいます。
少なくとも、彼を愛する相手は・・いたのだから。
黙って去ってしまうのは、どうかな・・・って。
それは愛するがゆえの行為なのかな。
苦しみを全部、一人で引き受けることができるのは
きっと強い人間だと思いますが、なかなか難しいですよね。

そんな中で、祖母との交流は印象的
唯一心を開いた相手だと思うからです。

彼は・・・なぜ、自分に死期が迫っていることを告白したか・・という祖母の問いかけに
ぼくに似ているから・・
もうすぐ死ぬから・・と
言います。

自分と同じような信念をもった生き方をしてきた人だからなのかな。
また同じように死を意識する人だからか。

祖母の言葉は胸に染み入りました。
けっして、彼の選択を否定するようなもののいい方は
しなかったでしょ?
なにより、今夜あなたと死にたい・・だなんて。
そんな言葉を口に出せるあなたは・・・凄い人よ。


死については色んな考え方は
あろうかと思いますが
意見の相違は別にして考える機会を
与えてくれる作品を送り出してくれるというのは
観ている私たちにとっては非常に喜ばしいことだと思います。

本でも映画でもそうですが、何かメッセージ性のある
作品に触れないと、人間ってなにも考えず、ダラダラ過ごして
しまいそうな生き物ですからね。もちろん、現実に触れる機会が
ある人は別ですが、皆が皆、劇的な人生送っているわけではないでしょう。


実はこの作品、主役の彼が素敵・・という声を
昨年末から聞いていまして、そんな不純な動機からの
鑑賞でもありました。こんな重めの作品とは・・。
(あ・・噂どおり彼は素敵でしたよ。最後のやつれたシーンでは
心が痛みましたもの。)

お姉さんとのわだかまりは原因がはっきりとは
描かれていませんでしたが、
最後に、お互いが歩み寄る姿勢が見えたことで
ホッとしました。あのままうやむやだと気分がよくないからね。

生の輝きがみえる場面を写真にとって残そうとするあたり
彼の職業ゆえでしょうか・・。
残された写真を見る人にとっては
きっと悲しいことかもしれませんが。
彼の思いはしっかり伝わるはず。

そして、彼が残そうとしたもの・・自分の子どもですが。
ここははっきりいってよくわかりません。
愛し合っていないもの同士の子どもが
どんな意味があるのか。
また・・子どもが欲しいと言った夫婦の態度も、
理解できないところがあります。夫ってあんなことを
許すのですか・・。
お国柄ですか・・・。
旦那も一緒に3Pって(あらあらあら~~~★でした・・)
なんだか妙な違和感を感じたのでした。


でもラスト・・・良かったですね。ちょっとベニスに死す
思い出しましたよ。
彼らしい、幕引きではなかったのでしょうか。
私は、ちょっと真似できないけど・・。
やはり、ひっそりと・・・というのは
イヤだな・・。

 
004.jpg

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくを葬る(おくる)

ぼくを葬るメルヴィル・プポー (2006/10/06)日活 この商品の詳細を見るストーリー パリで活躍する気鋭の人気ファッション・フォトグラファー、ロマンは、撮影中に昏倒する。診断の結果は末期のガン。医師の勧める化学療

オゾンの遺言~『ぼくを葬る』

 またひとつ、「決して逃げず、引き受け、愛し、立ち去る」人間のドラマを観た。死がゆるぎなくそこにあるとき、一人の男はそれとどう向き合い、受け入れ去ってゆくのか。監督・脚本はフランソワ・オゾン、主人公

「ぼくを葬る」感想と、エリックロメール繋がり

オゾン監督の映画は、初めて見ました。透明感ある映像や、緑の美しさが、エリック・ロメール作品を思い出しました。(出演者も、エリックロメール作品に主役で出てた人が2名いたしw)

マトリックス時代の幕開け だれでもネット起業

誰でも出来るネット起業のソフトを厳選して紹介

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん~こんにちは(^o^)
私も偶然見て記事アップしたばっかりだったから、今日、こちらきて、ビックリ!!
私は、この主人公に共感とかは、あんまりなかったかな・・・・。
でも、プポー君や、プポーのママ役の人が、昔見た
エリックロメールの映画に出てて、現在の姿が見れたり
色々と、違う面で楽しめたよ。

オゾン監督はコレが初めてで、他も見てみようかな?って
気が何故かしたんだ。
で、さっき「まぼろし」をレンタルしてきたのだw

latifaさんへ


こんにちは。お~、同じ時期鑑賞ですか。うれしい。
私も旧作に落ちてからと思っていたので
今頃になってしまいました。
死を前にした人の映画っていろいろありますよね。
これはフランス映画ですし
かなり個性的な作品になりましたよね。
監督らしいというか・・
言いたいことがわかる部分とわからない部分が
あったかな・・・って感じですね。
エリックロメール映画は未見なのですよ。
さすが、latifaさん、彼のこと以前から知っていたのですね。
なんだか、救急車みたいな名前で、印象的ですわ。
オゾン監督・・特集やるのかな・・
まぼろしもいい作品みたいなので感想楽しみにしていますね。
あとでお邪魔します。

みみこさま、こんにちは。こちらにもTB失礼します。
彼の選んだ生き方や、あの夫婦の行動はちょっと共感できませんよね。
でもロマンが美しかったので、私は全て許せてしまいました(笑)
私も自分がいざ死ぬ、となったら、ひとりになるんじゃなくて誰かといたいと思うでしょう。
こんな私だからこそ、こういう違った視点に立って考えさせられる作品を観ること、大事ですよね。

それからご報告が遅れたのですが、拙宅からもリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

真紅さんへ


こんにちは。
共感はできませんが、こういう作品は
色々と考えることが多いので好きですわ。
ロマン・・美しかったですね。
最後のシ-ンは
ああ・・そんなことするのね・・まあ・・と
驚きとともに観ておりました。
彼らしい最後だったのかもしれませんね。
リンクありがとうございました・・。
こちらこそ、よろしくお願いします。

みみこさん、こんばんは~m(__)m
コメント&TBありがとうございました。

プポー♪ 素敵だったでしょ?w
オゾン監督の作品って人物描写がとても丁寧で唸ってしまうのですが、この作品に関しては、気持ちの揺れ動きとかとても丁寧なんだけど、死が迫って、何かを残すときに、すべてを清算してしまう心境が私には理解出来なかったの。

怖くて、寂しくて、辛い状況でたった一人。。。
私もみみこさんと同じく、誰かにそばにいて欲しいと思います。
とはいえ、早死にしたくはないのでせっせと健康診断に通いましょう~(笑)

ゆーこさんへ


こんにちは。
やっと皆さんの話題に追いつきましたよ。
美形でしたね・・彼・・。
そうですよね・・共感できないですよね。
何か残す・・というのが子どもになってしまうのが
どうも気になりますよね。それも、好きな女性との子って
いうわけでもないのに・・。
彼がゲイということを考えると違ったかたちを
想像するのですがね・・。
まあ・・人それぞれですけど・・。
そうそう!!健康診断しなくてはね・・。
最近。無理できないな・・って思いますもの・・笑
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク