エンキョリレンアイ   著  小手鞠るい

エンキョリレンアイ   著  小手鞠るい



京都駅の裏のビルディングの書店で
アルバイトしていた花音。担当は児童書売場。
いとこの子どもに本をプレゼントしたいという男性のために
手助けしてあげることに・・
爽やかな印象の彼・・。お互い惹かれるものを感じる。
その日はそのまま別れたが、翌日彼から電話が・・。
彼は井上海晴。
もうじき料理学校に通うためにアメリカへ行ってしまうのだ。
花音もまた、数日後には就職が決まっていた東京へ行くことに
なっていた。
二人のエンキョリレンアイがはじまる・・。



感想   上戸彩さんのコメントが気になった本なので
読んでみましたが、私には合わなかったです。
泣けるような本じゃあないです。
エンキョリレンアイした経験があれば
また違ってくるのかもしれないけれど、
あまりにも、設定が安易だし、偶然が多すぎるので
リアリティを感じないというか・・・。
書店での出会いからして・・・、こんな男いるのか・・・
って思ってしまって、それ以上入り込めませんでした。

展開も、途中で見えてしまったので
読んでいて面白くないのですよね。
綺麗にまとまりすぎていているのが、なんだか・・・。
13年も離れていて
それでもお互いを想わない日がなかった・・という
言葉だけでは、感動はしません。
会いたい、好きだ・・という言葉は
ありましたけれど、表面的な感じがして
心に響かないのです。こちらに突き刺さるような言葉の重みみたいなものが欲しかったな。

1時間枠のトレンディードラマをみたような
読後感でした。

enkyori.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

〔ふれていたい〕に比べると年齢が高くなる為
こちらは なかなか難しいものがあったのですが、
やはり恋愛小説好きの私は すごくこの作品がすきです。

こちらにも
ありがとうございます。
恋愛小説が好きかどうかということで
感想も変わってくるのかもしれませんね。
映画もそうですが
小説も、人が違えば、感じ方も
皆違いますからね。

わたしは小手鞠るいさんの本で初めて読んだ作品がこの本でした。
私は遠距離恋愛していたので物凄く物語りに入り込めました♪
それで小手鞠るいさんの本をほぼ全て読みました☆

そういえばですが・・・この本での最初の本屋での出会いは小手鞠るいさん自身の体験かららしいですょ♪なんかいいなぁ~って思っちゃいます。

妃芽 さんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
私は辛口になってしまい申し訳ありません。
きっと、同年代の方が読んだ方が
心の響くのだと思います。
ちょっと年齢的に無理があったかな・・・私は。
経験していると物語に入り込みやすいですよね。
感情移入しやすいですもの。
本屋さんの出会い・・・え~~実体験なのですか。
いいですね~~。
他にも色々読んでいらっしゃるのですね。
私もまた挑戦してみたいですわ・・。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク