削除ボーイズ  0326   著  方波見大志

削除ボーイズ  0326   著  方波見大志



グッチはフリーマーケットで、偶然「時間削除装置」を手に入れる。
一見、デジタルカメラのような装置だが
これが不思議な能力を持っていた。
対象に起きた出来事を削除できるのだ。タイマーに削除したい時間を
セットし、対象者を画面におさめる。削除できるのはセットしてから
5分間。一度削除した出来事は元に戻らない・・。そういうマニュアル
だった・・。しかし、使用中に機械は故障し、削除できる時間は3分26秒に変化。
そして、削除装置を使うことでグッチをはじめその仲間に様々な出来事が起こる・・。




感想   第一回ポプラ社小説大賞受賞作だそうです。
賞金なんと2000万円。凄いですね。
作品より、その金額の高さに注目してしまいます。
そして、この賞金の金額の高さをもって、この作品の評価をしてしまう
傾向になるのは、しかたないことでしょうね。



他のブログさんで見つけて興味をもった作品。
主人公が小学生ということで児童文学的なジャンルなのかと
思いましたが、図書館に置いてあったのは
一般書棚でした。でも小学生にも充分読める内容。
現にうちのムスメは楽しそうに読んでおりました。

設定は映画でもよくあるタイプの、タイムスリップもの。
これは、別に目新しいものではありませんよね。
でも、この手の題材は興味ひかれてしまいますね。
誰もが、過去や未来に自由にいける道具があれば・・・なんて
一度は思ったことあるでしょ?
そういう世界が広がっていくのですから
面白くないわけがないと思うのです。
必然的にどんどん先が読みたくなる・・。

でも、このお話ってSFのカタチをとっているけれど、
どちらかというと、現代社会が抱えている
闇の部分をさらけ出したという感じの方が強い作品ですよね。

父親の失踪、フリマ、小学生同士の権力争い、障害者
兄の引きこもり、いじめ、ネット、株、殺傷事件・・・
とまあ。。
暗い・・暗い・・・・出来事ばかりですね・・。

確かに面白い作品だとは思いましたけれど
登場人物のキャラに
感情移入しにくいのですよね。
ませているのです。
可愛くない小学生って嫌だよ・・。精神年齢が高い子どもって
いるとは思いますけれど、
どこか子どもらしさが見えたりしますよね。
でもこの物語の中の小学生達って
行動も言動も、大人みたいな子ばかりなんだもの。
それが現実と言われれば、しょうがないけれど・・。
少なくともうちの子の学校にはいないです・・・・。
そもそも、なぜ、小学生が主人公なのかがわかりませんでしたね。

この主人公のクラスって
雰囲気悪そうですよね。表面的な関係みたいで・・。
主人公も、その家族も、先生も・・・
みんな嫌でした。
子どもは誰でも純粋じゃなければいけない・・などとは
思っていないけれど、この物語に出てくる
小学生は全部が全部、個性的すぎてついていけませんでした。


削除装置を使うことで
どんどん現実が変化していく・・。
過去を変えることは、そういう危険性をともなうということは
想像できる範囲だったので、
どんどん思っていない方向へ事が進むという展開を
みていて、ホラ!!みたことか・・・って思ってしまいましたよ。
最後の結論も・・・
当然の結果ですよね。
ただ、普通こういう結末を知ることによって
一抹のせつなさ・・・を感じたりするのですが
そういうものは一切なかったかな・・・


引きこもりになってしまった兄
グッチの同級生ハル・・・・ある事件によって、性格がわかってしまった少年
社長の息子であることを
鼻にかけた種村・・・・ケ~~~~~嫌だね。
クラスで浮き上がっている浮石さん・・髪型変えるとき色入れて
いましたよね・・・本当・・小学生かい・・・笑
ネットで株取引をするコタケ・・・オタクだわ・・。

あ・・・、こんなクラスの先生にもなりたくないわ・・

ちなみに、小学生主人公の作品なら
もっと違った路線の作品の方が好きですね。




photo_77.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「削除ボーイズ0326」と「小学生日記」感想

両方とも、小学校6年生のお話。「削除ボーイズ」は、第一回ポプラ社小説大賞(賞金2千万円!)。内容は、小学校6年生のクラスの中の派閥やら、微妙な上下関係などの人間関係と、奇妙な機械で3分26秒過去の時間(出来事)を消せる事によって、過去が変わって来てしまう

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん~こんにちは^^
最近は読書の記事が多いね☆ みみこさんのことだから、映画も見ているに違いないけれども、読書熱も最近以前にも増して盛んなのかな?^^

みみこさんと思う部分や、感想が同じだわー!
嬉しいぞ。やっぱりさ、ちょっと、なんか、これ、小学生設定に
したものの、やってることが、小学生チックじゃないのよね。
いやいや、こういう感じと同じだ、って思う小学生も
日本のどこかに、いるにはいるのだけれど・・・
みみこさんも、誰にも共感出来なかったのね。ほっとしたわ。
私もだったから。

ところで、五十嵐貴久さんのリカ、下の記事も拝見させて
頂いたわ~。この前、彼の「パパとムスメの7日間」って本を読んだばっかりだったの。 同じ作家さんだったので、反応しちゃった。
その本でも、少し、リカっぽい人が出て来るんだ。
もしかして、この手の人に出会っちゃったことがあるのかな?作家さん(^^;)
ちなみに、その本は、普通に面白いけど、、、あんまりお薦めって程じゃないかも・・・・。似たような設定のお話を、小説や映画で、既に何度か見て来てしまったせいかもしれない。

こんいちは。
早速のコメントありがとう。
今・・時間があるのでちょっと本関係の記事が多いかも。
読書は細切れ時間が有効に使えるからいいですよね。
latifaさんの本感想もいつも参考にしていますよ・・。
で・・削除ね・・。
latifaさんのあちらのコメント読んでなるほど・・・って感心しちゃった。深いわ~~って。もしかしたら、こういった小学生いるのかも
しれないけれど、きっと一部よね。色んなタイプいると思うし。
取り上げてしまうと全部がそうかも・・・ってイメージになるよね。

リカの記事も読んでくれてありがとう。
そう・・パパとムスメも読んだのね。
実は私も・・。なかなか感想が追いつかなくってね・・。
いたね・・リカに似た人。
パパの会社の・・・ですよね。
この手の人と出合ったのかもよ・・・笑
だって、迫り方がリアルだもの・・。
そうそう・・・似たような設定のお話っていっぱいあるよね。
でも読みやすかったので楽しんだわよ。
そういえば・・大林監督の転校生も(男女の入れ替わり話)
再映画化だものね。
流行っているのかな・
この手の話では東野さんの秘密が好きだわ。

みみこさん~、パパとムスメ・・・もう既に読んでいたのねー!!
うん、うん、読みやすかったよね。
私はボーイフレンドとパパが映画館でルードヴィッヒやら
歴史小説の本の話題で、ちょこっと親しくなるシーンが
好きだったな~☆
近くレビューアップしようかな~とは思って、少し下書きに
書きかけてはいるんだけど、
私もみみこさん同様に、結局しないまんま・・・になってしまう
小説や映画があったりするんだ。
で、そうそう!!私も、東野さんの秘密が好き!!同じ!!

大林監督の転校生、再映画化するの?知らなかったー!!
あの当時は、こういう題材が珍しかったよね。
確かブラジャーつけた姿が鏡に写って、ギャー!!って
シーンがあったような。(そこで笑った記憶がある・・・)

latifaさんへ

こんにちは。
そうそう・・映画の話や歴史小説の話は面白かったですよね。
パパはともかくとして先輩の読書の趣味は
レベルが高いですよね。真面目な学生という感じでした。
レビュー楽しみにしていますね・・
UPも時間的余裕があるとすぐできるのだけれど
なんだかんだで忙しくなってくると
そのまま・・・って場合があるんですよね。
latifaさんもブログUP以外に読んだり観たりする
本や映画多そうですよね~~
すぐやらないとどんどん忘れてきちゃって・・・笑
ダメね~~。
大林監督の作品懐かしいですよね。
あの頃は衝撃的だったわ・
小林聡美の演技にも驚いたけど・・
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク