ダック・シーズン

ダック・シーズン  (2004    メキシコ)


監督:フェルナンド・エインビッケ
脚本:フェルナンド・エインビッケ、パウラ・マルコヴィッチ
撮影:アレクシス・サベ
音楽:アレハンドロ・ロッソ
オープニング曲:「ガチョウ(アヒル)のサンバ」(ナタリア・ラフォルカデ)

【CAST】
フラマ:(ダニエル・ミランダ )
モコ:(ディエゴ・カターニョ )
ウリセス:(エンリケ・アレオーラ )
リタ:(ダニー・ペレア)




フラマとモコは大親友。
ある日曜日の朝。
2人は留守番を頼まれる。
早速、コーラを、そそぎ、ポテトチップスを食べ、
テレビゲームに熱中し始める。
そこへ、隣人のリタがやってきて、ケーキを焼きたいので
オーブンを貸してくれないかと申し出る。
しぶしぶ招きいれる2人。
そのうち、停電がやってきた・・。
参ったな・・・。しょうがない・・ピザでも取ろう。
ピザの配達人ウリセス。
バイクを飛ばし、停電のため、エレベーターが動かないので
一生懸命階段を駆け上がり、やっとのことでフラマの自宅へ。
時間切れだ・・。
フラマとモコは、時間通りに届かなかったといって料金払いを
拒否する・・。
困ったウリセスはとうとう部屋に上がりこんで・・・。



感想  メキシコ映画というわけですが
私たちの日常とまったく違わない生活が描かれていますので
とっても観やすいです。
といっても、好みはあるかな・・。
小難しいことは何もない作品なので
映画に描かれる世界そのままのように
のんびり・・まったり・・・した時間を過ごしたい&かつ
微笑ましさも味わいたいと思う方には
ピッタシ・・・ではないでしょうか。

この作品・・・ネットで色々検索していて
たまたま見つけました。まさに掘り出し物・・・・笑
作品紹介文がそそられたのですよ・・。

amazonより・・・
<ジム・ジャームッシュの再来を思わせる。フェルナンド・エインビッケ監督デビュー作「ダック・シーズン」はメキシコ映画界のアカデミー賞と呼ばれるアリエル賞で11部門受賞という前代未聞の快挙をなしとげたばかりか、世界各国の映画祭でも多数の受賞に輝き、エインビッケ監督は米バラエティ誌の"これから見るべき10人の監督"にも選ばれている。
<主な受賞歴>2005年メキシコ・アカデミー賞(アリエル賞):作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・脚本賞・撮影賞・美術賞・編集賞・作曲賞・音響賞・第一回長編作品賞受賞/2004年グアダラハラ国際映画祭:最優秀メキシコ映画賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・脚本賞・作曲賞・音響賞・国際批評家連盟賞受賞/2004年AFIロサンゼルス国際映画祭:作品賞受賞/2004年テサロニキ国際映画祭:監督賞受賞/2005年パリ映画祭:審査員特別賞受賞/2005年MTVムービー・アワード・メキシコ:主演女優賞受賞、作品賞・主演男優賞・音楽賞ノミネート >


↑なんだか、凄いでしょ。
これだけでも映画好きの興味をかきたてられますよね。

お話は
あらすじにもあるように単純明快。
映像がモノクロなんですよ。
どういった意味があるのかわからないのですが
久々に観るとこれも味があってよろしいかと思います。
登場人物は
ほぼ4人のみ。
舞台もマンション一室のみ。
つまり、彼らの行動と言動で楽しませてもらう
映画なのです。
ともすれば、退屈にさえもなってしまうのに
そうならないところが、演出のうまさなのでしょうか。

ピザ配達人相手に、真剣勝負のサッカーゲーム。
このゲーム画面が実に
迫力があって、
観ている私も手に汗握ってしまいましたよ。
こんなことで(料金未払い問題)
ゲームにのめりこんでしまう
彼らを・・妙に感じたり(仕事いいんかい・・ピザ配達人よ~~)
現実にありえたら最高だよな(だってこのノリの軽さ・・いいじゃん!!)様々な感情が渦巻いてしまいましたよ。
・・今日本なんて、親切心で部屋に他人をあげただけで
犯罪に巻き込まれてしまいますからね・・
映画のように微笑ましい世界があるのは
ある意味憧れに感じますよ。

平和な彼ら・・。
でもそのうち、彼らが抱えているものも少しずつ
明らかになってくるんですよ。
お気楽なだけでもないみたい・・。


偶然であった
4人。
ほんのひととき過ごした時間だけれども
彼らにほんの少し変化をもたらせたみたい・・。


小粋な感じのする
オープニングのガチョウ(アヒル)のサンバ。
必見です。

ちょっと歌・・聴いてみてね・・こちら→http://www.crest-inter.co.jp/duck_season/pv.html
冒頭で映し出させるフォトも素敵でした。
dakku.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダック・シーズン

 メキシコ 2004年 コメディ&青春 監督:フェルナンド・エインビッケ 出演:エンリケ・アレオーラ     ディエゴ・カターニョ・エリソンド     ダニエル・ミランダ     ダニー・ペレア退屈な日曜日の午前11時。留守番を頼まれた14歳のフ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

たいした内容じゃないですがモノクロの映像、耳に
心地イイ音楽にユルリとした雰囲気は最高でした。
ひょんなことから出会った4人それぞれが少しだ
けれど人生の軌道修正出来た終わりも素晴しかった
です。劇場で観なかったことを今更ながらに後悔
してます♪ (゚▽゚)v


くぃ~くぃ~くぃ~♪って、クセになってしまいそうですね~(笑)好きです、この曲・・・

というわけで、こんばんは、みみこさま☆
この映画、去年でしたか、大阪でもちょこっとだけ上映されていたのですけど、結局行くことができずそのまますっかり忘れておりました。
思い出させてくださって、ありがとうございます~♪
それでまた、なんだか妙~に面白そうですねえ。
とってもそそられてしまったので、これも早速メモ( ..)φさせていただきました。
近頃、なんでもメモしないと記憶があっという間に抹消されてしまって・・・コワイです。。

風情♪  さんへ

こんにちは。
どこにでもある休日の出来事でしたね。
あまりにも普通な世界ですが
これがまた味があっていい感じでしたね。
ユルリとした雰囲気・・うんうん!!確かに
全体に漂っていましたよね。
音楽がとくに嵌ってしまって・・。
たまにはこういう感じの映画もいいですよね。
TB&コメントありがとうございました。

武田さんへ

こんにちは。あ・・・聞かれましたか。
かぶりもののあひるの姿・・可笑しいですよね。
でも可愛らしくもありますよね。
な~~んていうことない
お話なんですよ。ただただまったり・・ゆったり・・
したいときにはいいのではないかと。
刺激的な映画もいいけれど
たまには脱力系映画も観ないとバランスがとれませんものね。
追伸・・例の映画・・録画に成功しましたが
鑑賞に至っておりません。しばしお待ちください~~~
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク