見つめる女

見つめる女  (2004  イタリア)

LA SPETTATRICE
THE SPECTATOR[米]

監督: パオロ・フランキ
脚本: パオロ・フランキ
ハイドラン・シュリーフ
ディエゴ・リボン
撮影: ジュゼッペ・ランチ
音楽: カルロ・クリヴェッリ
 
出演: バルボラ・ボブローヴァ
アンドレア・レンツィ
ブリジット・カティヨン
キアラ・ピッキ
マッテオ・ムッソーニ
ジョルジオ・マルケージ


感想  いつもお世話になっているbe-inのゆーこさんからの
お勧め映画です。

劇場未公開映画・・それもイタリアです。
マニアックそうですよね・・・。
さすがに自分では探し出すことができず(内容もほとんど知らなかったので)ビデオ屋店員さんに聞くことに。

エロチック・・映画に置かれておりました。
え~~~~。
でも結論からいうと全然エロくないのです。おかしいな~~~笑
そんなシーンほとんどないもの・・・。
ビデオ屋さんももうちょっと考えて置き場において欲しいですわ。

これはラブロマンス・・・です。ミステリアスな雰囲気が
漂っておりましたけれど、
あらすじとしてはとってもシンプル~~~♪

「見つめる女」という題名のとおり、
気になる男性を陰からじ~~~と見つめ続ける女の人の話
なのです。

そうなると、ストーカーのような臭いを感じますよね。
でも・・悪さはしません・・・笑。


彼女=ヴァレリアは同時通訳のお仕事をしております。
自分の家の向かい側に住む、男性をのぞきみるのが日課。
そんなある日、通訳の仕事場に彼=マッシモが、現われ・・。
彼の通訳をすることに・・・。

ドキドキしてしまう彼女は、途中で、仕事が出来なくなり、
他の人に譲ってしまいます。

遠くでみていただけで幸せだったのに、声を聞く機会が急にでき、
戸惑ってしまったのですよね。

こういう心境わかりますね。理想の男性と思えていたときが幸せで
妙に現実的になってくると、自分はどうしていいかわからなくなってしまうという感覚。


でも、その声を聞いたことで彼への思いが深まり
彼がその後トリノからローマに引っ越したと聞き、思わず
電車に飛び乗ってしまうのです、。全てを捨てて・・・。
ものすごい行動力。



やがて彼には年上の彼女=フラヴィアがいることが判明。
ヴァレリアは彼女に接近し、タイプの仕事を手伝い始めるのです。
彼に近づくためにね・・。



ここから・・・突拍子もない行動にでるのか・・・
不可解な行動をするのか・・
と思いきやそうではないのです。真面目に働きます。

彼に近づくまであんなに行動的だったのに
その後はおとなしめ。



ラストも・意外です。
アメリカ映画でしたら、ストーカーされた男もやがて女性の思いに
気づき、相思相愛になりハッピーエンドという流れになるのですが
そうじゃない・・



なんで~~~~~
と思うところにこの映画のよさがあるのかもしれません。


もしかしたら、彼女には私達が想像しえない、
心の闇が隠されているのかもしれません。


そんな深読みもしてしまう・・・不思議な気分になる映画でした。
全体に暗めの雰囲気もなかなかいいですしね・・。
色彩が抑えめなの。


イタリア映画としては珍しいですよね。
ちょっとフランスぽい。
イタリア映画というと、最近の「赤いアモーレ」のような
情熱的な映画を想像してしまう私にとって
こういう、一歩手前のひく・・・といった
慎ましやかな彼女に新鮮なものを感じてしまうのでした。

あれだけの行動力が急に失速したのは
彼のお相手の年上の彼女のことも気にかけていたということですかな・・。お邪魔したくないという気持ち。
それよりなにより、彼とはそれ以上の関係(お付き合いする・・という)を望まなかったのか・・
う~~~ん、謎です。



お相手の彼の方ですが、もちろん、彼女が自分を追いかけて来たとは
知りません。つまり、思われているということは知らないの。
でも、頻繁に目にするたびに、気になってきて。

一方、お付き合いしている年上の彼女とは、なんだかうまくいかない様子。年上の彼女には亡くなった旦那さんがいて
その旦那さんを彼女はいまだに忘れられないからなんですよね。
自分との新しい出発に消極的な年上の彼女の
態度に、次第に愛が冷めていってしまうのを感じるのですよ。
それにプラス・魅惑的なストーカー彼女の出現でしょう?
彼も心が揺れます。


そして決定的な年上の彼女とのベットでのシーン。
コレ見て~~~。
事の最中にに、あんな覚めた目で、見つめられたらいやだな~~~笑



3人3様のそれぞれの心情が丁寧に描かれていて
とても好感もてる作品でした。

冒頭で、
雑貨店に立ち寄ったマッシモが
石=パワーストーンを買ってゆき、
彼と入れ違いに彼女も同じ物を買っていきます。
ひきつけられるオープニング

このパワーストーンは途中でまた出てきますけれど、
小道具の使い方も味があって良かったです。
ヴァレリアのロングコートや年上彼女のサングラス、
あと「チャオ~~」っていう挨拶の響きも、素敵に
感じました。
mitumeru.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パワーストーンパワーストーン (POWER STONE)は1999年にカプコンが発売した3D対戦格闘ゲーム。2002年に続編として2が発売されている。アーケードのシステム基盤は1/2ともNAOMIで、両作品ともドリームキャスト版も発売された。1999年4月3日にはTVアニメ化もされる。同年9月25

見つめる女

見つめる女バルボラ・ボブローヴァ (2007/02/10)ビデオメーカー この商品の詳細を見るLA SPETTATRICE/THE SPECTATOR 監督:パオロ・フランキ 出演:バルボラ・ボブローヴァー/アンドレア・レンツィ/ブリジット・

コメントの投稿

非公開コメント

いかがでした??

みみこさん、こんにちはm(__)m
早速見て下さって、感想までありがとうございました。
イタリア映画っぽくないでしょ?
それぞれの心理描写が丁寧で、全体的なトーンも好きだったんですよ。
イタリア映画ってうるさいばっかりじゃないのよ(笑)

けど、変な棚にあったみたいでご迷惑をおかけしました(笑)
私はカーテンの向こう側はさすがに抵抗があるけど、エロチックとか18禁とかは全然平気になってしまいました。
そんな作品でもよければ(笑)またご紹介させて頂きますね。

しかし、あのベッドシーンは印象的だったでしょう?(≧▽≦)

私も・・

レンタル屋で探したけどなくて店員さんに聞こうかとも思ったんだけど、
もし新作だったら無理なので、今回は諦めましたが
そっか~・・そう言う棚にあったんですね~
盲点でした。(笑)
でも忘れない様に手帳にメモしてるので
だいぶ後になるかもしれないけど必ず見ますねー。

ゆ~こさんへ


おはようございます。コメント&TBありがとうございます。イタリア映画って言われなかったら
全然わからなかったわ。暗い感じだしね・・笑
俳優さんも観たことない方ばっかりでそれも
新鮮に感じましたわ。主演女性の方はお綺麗だったわよね。お相手の男性も紳士的な感じで素敵だったわ。棚自体は普通の場所にあったのだけれど(隅ではない)置かれている作品はバラエティー豊かだったのよ・・。
エロチックというジャンルわけでも
いろいろあるじゃあないですか?
「カルメン」から「 エマニエル夫人」まで・・笑
ティント・ブラス作品なんてほとんどそうだし。
良質なものもあるけれど、大はずれもあるから見極めが難しいのよね。それゆえ、口コミは、
大歓迎です。私も18禁好きなので・・。
ではではまたお話しましょうね・・


追伸・・そうそう、あのベットシーンはね・・・
インパクトあったわ・・・。笑


つるばらさんへ


おはようございます~
面白かったですよ。
今までにないパターンで。
新作じゃあないみたいですよ。
でもわりと地味な扱いだと思うので(未公開だし・・)隅の方にひっそりある可能性も
あります。機会があれば是非~
そうそう、この作品と同じ時期に観た作品のほうが
エロく感じたのですが・・・。
その作品についてはあとで、話に行きます~~
あ・・エロの話じゃなくって真面目な話ですよ・・笑

今頃ですが・・

みみこさん、こんばんは。
最近、やっとこれを見たのでご報告~。07年・・でしたね。4年も経っててすみません。(^^;
これやっぱり近所にはなくて、最近できたTSUTAYAで借りました。
(でもこの店、バスで行く距離なので頻繁には借りに行けないのがカナシー)
あ、やはりエロなコーナーにありました・・(笑)
でも、別にそんな感じじゃなかったですよね。オールヌードがちょっと出て来たくらいで。
それに、イタリア映画なのが信じられないくらい、
おとなしいと言うか、控えめと言うか、そんな女の子が主人公で・・驚きでした。
イタリア映画らしくない(と言うのも変だけど)のでは、「ボローニャの夕暮れ」といい勝負ですね。(笑)
年上のカノジョとのベッドシーン・・;;ホントですね・・彼女の顔~上半身が結構長く映ってて、私も印象に残ってます。
パワーストーンも良かったですね。
あとね、ヴァレリアが長ーいマフラーしてたのもすごく気になりました。
あれってよくカップルがイチャイチャと2人で巻いてる事多いから~(笑)
それを一人で巻く・・なんて、なんか意味深で・・!??

それから・・
この間、TB出来た!って喜んでいたんだけど、その後いくつかしてみたら、
なぜかまた全然できなくて・・今回も「ブルーバレンタイン」ダメだったみたい;;
もしかして、みみこさんから先にTBしたものだけ、こちらからも返信みたいな形で、できるのかなぁ??とかも思いましたが・・
わかんないですけど・・ちょっとションボリ~です。

こんにちは♪

遠くのレンタル屋さんまで行かれたんですね。
なかなかないですよね、マイナーな作品は。
未公開作品はすぐにさようなら~~になってしまうのでたぶん、
もううちの近くのレンタル屋さんにはないかも。
出たらすぐに借りないとダメなものもありますよね。

エロコーナでしたか。
エロの方にいってしまう、意外といい作品ってありますよね。
なかなか線引きが難しいと思うけど。
でも少なくともパッケージ観た限りにはそんな雰囲気は全然
ないですよね。


イタリア映画って意外ですよね。
確かにボローニャといい勝負…笑

これゆーこさんがお勧めしてくださった作品ですので
そういう意味でも印象深いわ。
この作品ならこの人っていうのがあるじゃない?
つるばらさんならホラーとか・・・・笑
元気かな。ゆーこさん。

パワーストーンや
長ーいマフラーね。
小物も印象的でしたよね。


横顔が美しい人はいいですよね、絵になって・・・


TBはこちらから挑戦してみます。
お暇なときにまた確認してみてくださいね。


プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク