ママの遺したラヴソング

ママの遺したラヴソング ; (2004  アメリカ)

A LOVE SONG FOR BOBBY LONG

監督: シェイニー・ゲイベル
製作: デヴィッド・ランカスター
R・ポール・ミラー
ボブ・ヤーリ
製作総指揮: ランドール・エメット
ジョージ・ファーラ
ブラッド・クレヴォイ
原作: ロナルド・イヴァレット・キャップス
脚本: シェイニー・ゲイベル
撮影: エリオット・デイヴィス
プロダクションデザイン: シャロン・ロモフスキー
衣装デザイン: ジル・オハネソン
編集: リサ・フラックマン
リー・パーシー
音楽: ネイサン・ラーソン
音楽監修: ジム・ブラック

出演: ジョン・トラヴォルタ ボビー・ロング
スカーレット・ヨハンソン パーシー
ガブリエル・マクト ローソン
デボラ・カーラ・アンガー ジョージアナ
デイン・ローデス セシル
デヴィッド・ジェンセン
クレイン・クロフォード


 長年会っていなかった母の訃報を受けた
パーシー。
久々にニューオーリンズの実家に戻る。
そこには見知らぬ2人の男がいた。
ひとりは元大学文学部教授のボビー・ロング。
もうひとりは、彼を慕う作家志望の青年ローソン。
2人は母の友人だといい、母の家で暮らすと主張する。
パーシーは彼らとの同居を受け入れるが・・・
ボビーとは反りが合わない。
しかし、次第に3人の間には絆が芽生え始め・・・




感想   短い感想になります・・・笑
観たのは随分前ですが感想書きにくかったので今頃です。


期待した割にはあまり面白くなかったかな。
とくに印象深いエピソードもなく、結局、お決まりの結末になったのが残念です。

この題材、前に観たような感じですし・・・


母親の存在も
イマイチ魅力に感じません。(母親は登場せず、話だけなのですが
人物像が浮かんでこないのです・)

同居人2人の男ですが
何故、一緒に暮らしているのかが説得力無かったような・・・
というよりも、私には理解できなかったです。
ボビーは、亡くなった母親の恋人だったみたいですが
若い方の男は違うみたいですし。
じゃあなぜ、同居したのかというとボビーの傍にいたいから。
それってどういう思いなのかな・・・。

さらに、若い男=ローソンはジョージアナだったかな。
行きつけのお店にいる女性=ジョージアナと仲良しみたいだったけれど、その関係もうやむや。
女の方が一方的に好意をもっているだけで、ローソンの気持ちは不明。
ローソンとパーシーは恋仲になりそうな気配もあったけれど、
気配だけで、そのまま・・・笑

すべてにおいて、うやむやが多いの。


最後は誰が本当の父親かと・・急にそんな話になって・・。

う~~ん、彼らが過ごしている街の雰囲気は素敵だったけれど
物語には入り込めなかったです。


ジョン・トラヴォルタ・・・年寄り臭い役で・・年月感じるな~~~
大学教授ということで薀蓄がたくさんあったけれど、理解できなかったです。
知識があればよかった~~笑



mamanonokoshita.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん、こんにちは^^
私も、これ、ちょっと前に見ましたが・・・余り面白くなかったです・・・何ていうか・・いまいち何を言いたいのか・・・解らなかったです。トラボルタさんも、すっかりお年を召された様で・・・


ところで^^お嬢さんの卒業式は終わりましたか?
関西は明日のところが多いのですが・・・何となく雨の予感・・修学旅行も、運動会も・・・雨ばかりでした・・(泣)明日くらいは晴れて欲しいと思ってたけど・・怪しい・・・入学式には晴れた欲しいな^^

ららさんへ

こんばんは~
レス遅くなってすみません。
卒業式・・・19日でした。
午前中はなんとかもちましたが
午後は雨でした~~泣。
午後から場所を移して、謝恩会のような
会に参加したので
一日中・・大忙しでした。
寂しかったり、うれしかったり・・・と
複雑な心境でしたわ。
子どもから・・お母さんありがとう~~の
お手紙ももらい、ウルウルです。
ららさんはどんな卒業式だったのかしら・・
もうご旅行に出発されたのかな・・・

4月から、親も子も素敵な生活になると
いいですよね。
あ・・映画は・・↑同じ意見でうれしいです♪
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク